時間前も楽しめる上野

“ 「鈴本演芸場」は、江戸末期から続く、日本最古の寄席です。落語や漫才をはじめとして、さまざまな笑いを楽しむことが出来ます。 観光地として賑わう上野の裏側は、実はファンの評価も高い、風俗街です。隣の鶯谷にラブホテル街があり、また街が栄えていて飲食店やショッピングスポットが豊富であるためでしょう。上野にある風俗のほとんどはデリヘルですが、ほんの一駅以上の移動の手間は発生しませんし、予約の時間までに間が空いていても、観光や食事で暇を潰せます。まさにファンにとっては、いたせりつくせりといった、最高のエリアなのです。もちろん風俗自体の質も悪くありません。在籍している女の子は人妻が多く、妖艶な色気と熟練のテクニックをそなえた、蠱惑的な魅力で、男を誘惑してくれます。玩具を使って女の子を思い切り責めるのも良いですし、女の子に征服されるのもアリでしょう。どちらにしろ濃厚で過激なサービスを堪能出来るのが、上野エリア最大の魅力なのです。ただお店によっては、ソフトサービスでゆっくり楽しむことを信条としたところもありますので、気を付けてください。あらかじめ下調べをしておくと、勘違いをしなくても済みます。 まずは一度、どんなお店でどんなプレイが可能なのか、検索してみてはいかがでしょうか。 ”

spacer
images

美味しいスイーツを食べてからの風俗

上野に観光に行く場合は、人気のグルメ店をチェックしておくことは重要です。上野にしか無いお店や、その土地ならではの味を楽しむために、チェックは必須です。上野の代表するほどの存在感があるのが、老舗の甘味処です。もちや、あんみつなどを使ったメニューがあり、土日になると行列ができることほど評判が良いです。老舗ということもあり、昔から変わらず手作りで作っています。素材にもこだわっているので、このお店ならではの味を楽しめます。サラリーマンに嬉しいワンコインランチのお店もたくさんあります。日替わりランチ、さんま定食、カツカレー、うな丼など全て500円で食べることができます。 上野でご飯を食べたら、次は風俗を利用して性欲を満たしましょう。ヘルスやソープランドなどの代表的な風俗のプレイが飽きた、という場合はオナクラを利用すると良いです。オナクラはソフトなサービスを提供している業種で、基本プレイは、自分のオナニーを女性に見てもらう、というものです。ソフトなプレイだと物足りない、と感じる人もいますが、オナクラには他の風俗よりも可愛い女性がたくさんいるので、また違う快感を得ることができます。見た目で女性を選ぶ方法もありますが、熟女系、ギャル系、ロリ系などタイプ別で選ぶ方法もあります。

spacer
01

美術館や博物館からの風俗遊び

上野は利便性が高いエリアですが、休日に立ち寄りたい場所もたくさんあります。公園内にある美術館や博物館は人気です。時期によって行っている企画展は違うので、興味があったら立ち寄ってみたり、暇な日に足を運んでみたりすると良いです。また、美術館の中にはカフェやレストランもあるので、ゆったりとした休日を過ごすことができます。3月~4月の時期になると、公園で桜まつりが開催されます。花見の名所としても知られていて、多くの人が訪れます。昼間には綺麗な桜を見ることができますし、夜になると約1000個のボンボリが灯されるので、昼間とは違う表情の夜桜を見ることができます。 夜桜を楽しんだ後は、風俗を利用して女性とロマンチックな夜を過ごしましょう。待ち合わせタイプのホテヘルを利用することで、恋人感覚で風俗嬢と遊ぶことができます。ホテヘルとデリヘルは似ていますが、大きく違う点があります。デリヘルの場合は、自宅かラブホテルでのプレイになりますが、ホテヘルの場合は、ラブホテルのみです。また、ラブホテルはお店の周辺のみですから、自宅からお店が遠い場合は移動する必要があります。このような違いを理解していると、風俗を十分活用することができます。

spacer